2017年6月23日金曜日

写真初心者が Adobe Stock に投稿してみた

初めて Adobe Stock に写真投稿しました。
9 枚アップロード、5枚採用でした。
カメラは相棒の EOS Kiss X7。
世界最小最軽量という謳い文句のカメラです。
今も価格com で一位なんですな。(※2017/6月現在)



以下、不採用写真とその理由です。
後学のため貼っておきます。

不採用の理由: 知的財産権の侵害

不採用の理由: ピントのブレ

不採用の理由:アーチファクトの問題

不採用の理由: 技術的な問題 

2017年6月19日月曜日

Shutterstock に Apply してみました!

最近写真にどハマりしてます。
せっかく写真を撮るのだから誰かに見せびらかしたい!
そんな一心で Web サービスを調べていたところ、ストックフォトとカテゴライズされるサービスをみつけました。

ストックフォトとは、オンラインで写真を売っているサービスで、
大手だと Shutterstock, Fotolia, istockphoto、国内だと PIXTA が有名です。

せっかくだからクリエイター登録して、最も審査が厳しいと言われる(※ 大手ストックフォト会社の比較をしてみます)、
Shutterstock に写真投稿してみました。



現状 9枚出してみて、6枚 accept, 3枚 reject でした。

Reject 写真とその理由を以下につらつら貼っておきます。
拒絶理由はどれも「なるほど」という納得感があります。。


Composition -- Distracting elements are entering the frame obscuring the main subject or the horizon


Focus -- The main subject of this image is not in focus.


Focus -- The main subject of this image is not in focus. 

Accept された写真はここには掲載できないですが、
Accept されたときは以下のようなメールが来ます。
ガチでテンション上がります!

Congratulations! You are now part of an active community of photographers, illustrators, vector artists and videographers around the world! Keep going and upload more content to increase your chances of sales.


私もフォログラファーのコミュニティーに入れましたよ。
これを糧に今後も頑張って写真撮っていきます!
ちなみに私は Canon のエントリー機、かつ価格com でベストセラーの格安一眼レフ使ってます。
むっちゃ安くなってるし、軽くて小さいので初心者の私にはベストマッチです。





最近は撒き餌レンズとよばれるこちらも愛用してます。
単焦点レンズなのでズームできないのが不便ですが、自分の足で絵を作るのが楽しいです。
f 値が小さくて明るいレンズだし、プロっぽいボケもしっかり作れます。
今も Amazon でベストセラーみたいですね。




2017年6月18日日曜日

注目すべき世界の写真家



今、注目すべき写真家

最近カメラにめっちゃハマりました。
一眼レフの設定や、撮影技法のうんちくは少しづつですが理解していっています。
せっかくカメラにハマったことだし、世界の有名な写真家ってどんな人がいるのだろうと疑問になったので調査してみて、
個人的に気になった写真家をまとめておきます。
偉大な人たちの真似をしつつ、どんどんカメラにのめり込んでいきますよー。

Cole Rise

カルフォルニア在住の写真家
壮大な風景や、時が止まったような不思議な写真が魅力です。
彼のinstagram アカウントはこちら。
https://www.instagram.com/colerise/
公式サイトの「WORK・BLOG」では、インスタグラムに掲載されていない写真も見ることができます。
http://www.colerise.com/

Erik Johansson

Erik Johansson は1985年、スウェーデンに生まれ。
エリックは純粋なカメラマンとは少し違い、写真を組み合わせて加工し、現実ではありえない世界を生み出しています。
写真家というか、デジタルアーティストというのが適しています。
彼は Google、Adobe、Microsoftなどの世界的 IT 企業とのコラボ作品を多数発表しており、いま世界から最も注目を集めているアーティストです。
彼の公式サイト ERIK JOHANSSON PHOTO を見るだけでもすごく楽しい。
彼の youtube チャンネル Erik Johansson youtube channel では、こういった現実には不可能な写真の構想から制作までのメイキングムービーが公開されていて、見ているだけでもすごく楽しい。
最初のアイデアがあり、設計があり、撮影があり、Photoshop作業があり、を早回しで見ることができます。
また、Erik の TED トーク では、彼の作品に対する考えや、奇妙な光景に命を与えるために従っている原則について話しています。
最新の写真集「Imagine」では彼の鬼才っぷりが存分に発揮されています。
これは絶対買うべき!!


中井精也

鉄道写真家。日本鉄道写真家協会事務局長。
1967年東京都生まれ。撮り鉄界の大御所です。
Amazon レビュー高評価(かつレビュー数120件超!!)の「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書」を出版。
私もこの本買って手取り足取り、知識ゼロから勉強させてもらいました。
一眼レフの f 値、シャッタースピード、ISO 感度などなど、超絶初歩からとってもわかりやすく解説されていてすごく参考になりました。


Hello!

Welcome to StackEdit!

sample

Hey! I’m your first Markdown document in StackEdit1. Don’t delete me, I’m very helpful! I can be recovered anyway in the Utils tab of the Settings dialog.


Documents

StackEdit stores your documents in your browser, which means all your documents are automatically saved locally and are accessible offline!

Note:

  • StackEdit is accessible offline after the application has been loaded for the first time.
  • Your local documents are not shared between different browsers or computers.
  • Clearing your browser’s data may delete all your local documents! Make sure your documents are synchronized with Google Drive or Dropbox (check out the Synchronization section).

Create a document

The document panel is accessible using the button in the navigation bar. You can create a new document by clicking New document in the document panel.

Switch to another document

All your local documents are listed in the document panel. You can switch from one to another by clicking a document in the list or you can toggle documents using Ctrl+[ and Ctrl+].

Rename a document

You can rename the current document by clicking the document title in the navigation bar.

Delete a document

You can delete the current document by clicking Delete document in the document panel.

Export a document

You can save the current document to a file by clicking Export to disk from the menu panel.

Tip: Check out the Publish a document section for a description of the different output formats.


Synchronization

StackEdit can be combined with Google Drive and Dropbox to have your documents saved in the Cloud. The synchronization mechanism takes care of uploading your modifications or downloading the latest version of your documents.

Note:

  • Full access to Google Drive or Dropbox is required to be able to import any document in StackEdit. Permission restrictions can be configured in the settings.
  • Imported documents are downloaded in your browser and are not transmitted to a server.
  • If you experience problems saving your documents on Google Drive, check and optionally disable browser extensions, such as Disconnect.

Open a document

You can open a document from Google Drive or the Dropbox by opening the Synchronize sub-menu and by clicking Open from…. Once opened, any modification in your document will be automatically synchronized with the file in your Google Drive / Dropbox account.

Save a document

You can save any document by opening the Synchronize sub-menu and by clicking Save on…. Even if your document is already synchronized with Google Drive or Dropbox, you can export it to a another location. StackEdit can synchronize one document with multiple locations and accounts.

Synchronize a document

Once your document is linked to a Google Drive or a Dropbox file, StackEdit will periodically (every 3 minutes) synchronize it by downloading/uploading any modification. A merge will be performed if necessary and conflicts will be detected.

If you just have modified your document and you want to force the synchronization, click the button in the navigation bar.

Note: The button is disabled when you have no document to synchronize.

Manage document synchronization

Since one document can be synchronized with multiple locations, you can list and manage synchronized locations by clicking Manage synchronization in the Synchronize sub-menu. This will let you remove synchronization locations that are associated to your document.

Note: If you delete the file from Google Drive or from Dropbox, the document will no longer be synchronized with that location.


Publication

Once you are happy with your document, you can publish it on different websites directly from StackEdit. As for now, StackEdit can publish on Blogger, Dropbox, Gist, GitHub, Google Drive, Tumblr, WordPress and on any SSH server.

Publish a document

You can publish your document by opening the Publish sub-menu and by choosing a website. In the dialog box, you can choose the publication format:

  • Markdown, to publish the Markdown text on a website that can interpret it (GitHub for instance),
  • HTML, to publish the document converted into HTML (on a blog for example),
  • Template, to have a full control of the output.

Note: The default template is a simple webpage wrapping your document in HTML format. You can customize it in the Advanced tab of the Settings dialog.

Update a publication

After publishing, StackEdit will keep your document linked to that publication which makes it easy for you to update it. Once you have modified your document and you want to update your publication, click on the button in the navigation bar.

Note: The button is disabled when your document has not been published yet.

Manage document publication

Since one document can be published on multiple locations, you can list and manage publish locations by clicking Manage publication in the menu panel. This will let you remove publication locations that are associated to your document.

Note: If the file has been removed from the website or the blog, the document will no longer be published on that location.


Markdown Extra

StackEdit supports Markdown Extra, which extends Markdown syntax with some nice features.

Tip: You can disable any Markdown Extra feature in the Extensions tab of the Settings dialog.

Note: You can find more information about Markdown syntax here and Markdown Extra extension here.

Tables

Markdown Extra has a special syntax for tables:

Item Value
Computer $1600
Phone $12
Pipe $1

You can specify column alignment with one or two colons:

Item Value Qty
Computer $1600 5
Phone $12 12
Pipe $1 234

Definition Lists

Markdown Extra has a special syntax for definition lists too:

Term 1
Term 2
Definition A
Definition B
Term 3

Definition C

Definition D

part of definition D

Fenced code blocks

GitHub’s fenced code blocks are also supported with Highlight.js syntax highlighting:

// Foo
var bar = 0;

Tip: To use Prettify instead of Highlight.js, just configure the Markdown Extra extension in the Settings dialog.

Note: You can find more information:

  • about Prettify syntax highlighting here,
  • about Highlight.js syntax highlighting here.

Footnotes

You can create footnotes like this2.

SmartyPants

SmartyPants converts ASCII punctuation characters into “smart” typographic punctuation HTML entities. For example:

ASCII HTML
Single backticks 'Isn't this fun?' ‘Isn’t this fun?’
Quotes "Isn't this fun?" “Isn’t this fun?”
Dashes -- is en-dash, --- is em-dash – is en-dash, — is em-dash

Table of contents

You can insert a table of contents using the marker [TOC]:

MathJax

You can render LaTeX mathematical expressions using MathJax, as on math.stackexchange.com:

The Gamma function satisfying is via the Euler integral

Tip: To make sure mathematical expressions are rendered properly on your website, include MathJax into your template:

<script type="text/javascript" src="https://cdn.mathjax.org/mathjax/latest/MathJax.js?config=TeX-AMS_HTML"></script>

Note: You can find more information about LaTeX mathematical expressions here.

UML diagrams

You can also render sequence diagrams like this:

Created with Raphaël 2.1.2AliceAliceBobBobHello Bob, how are you?Bob thinksI am good thanks!

And flow charts like this:

Created with Raphaël 2.1.2StartMy OperationYes or No?Endyesno

Note: You can find more information:

  • about Sequence diagrams syntax here,
  • about Flow charts syntax here.

Support StackEdit


  1. StackEdit is a full-featured, open-source Markdown editor based on PageDown, the Markdown library used by Stack Overflow and the other Stack Exchange sites.
  2. Here is the text of the footnote.

2017年1月30日月曜日

最高の入門教材、「沈黙のWebライティング〈SEOのためのライティング教本〉」の感想まとめ

ブログで収益化するぞー!!と気合を入れてブログをはじめたものの、
文章を書くのが苦手な私は、時間をかける割に成果が出ずに頭を悩ませ続けてきました。
なにか良いノウハウが欲しい。
そんなときに運良く出会ったのが、「沈黙のWebライティング」の一冊です !!
ブログの収益化に不可欠な「SEOに強いライティングスキル」をマンガを通してやさしく学ぶことができます。
この本、実務的かつ非常にユニークで読みやすいライティング教本でして、内容の充実度がヤバい!!
今回は「沈黙のWebライティング」で得たノウハウについてまとめてご紹介したいと思います。



検索意図を考え抜こう

今の Google は検索エンジンを使うユーザーの意図を満足させるコンテンツを上位表示させる傾向にあります。

Google が掲げる 10 の事実 によると、「ユーザーの利便性を第一に考えている」とのこと。

したがって、本質的にユーザーにとって良いことをするという考えのもと、
検索エンジンを使うユーザーの「意図」を推測して、ユーザーを満足させるコンテンツを作るとよさそうです。

コンテンツ制作の際の Tips としては、試しに自分が上位表示させたいワードで検索してみて、
「実際に上位表示されているコンテンツがどんなものかをマインドマップにまとめてみる」などして分析するとよいです。

検索結果から相手の関心の対象を考え抜いて、「相手が求めるものはコレだ!」といった確度の高い仮説を立てましょう。

他にはないオリジナリティを追求しよう

「Unique Selling Proposition」、すなわち USP を意識しましょう。
検索上位上位のコンテンツを参考にしつつも、他のコンテンツにはない自分ならではの違いを出しましょう。

情報過多は「選択のパラドックス」を招く...!

ここではコンテンツ制作の注意点として、「選択のパラドックス」を紹介しておきます。
「選択のパラドックス」とは、本来、選択肢が多いほど人は満足度が高まるものと考えがちですが、
「選択肢が多すぎると却って何かを選べなくなってしまい、満足度が高まらない」という説のことです。

参考のため心理学者バリー・シュワルツの ted トークを紹介しておきます。

http://www.ted.com/talks/barry_schwartz_on_the_paradox_of_choice?language=ja


多すぎる情報は脳の負担となって、選択行動の妨げとなるので、
読み手に何かアクションを取ってもらいたいのであれば、
数多くコンテンツを掲載するのはいい方法ではないかもしれません。

企業の宣伝でいえば、「たくさんある他社と比べて優れている」という見せ方ではなく、
「この商品は他にはないこんな強みがある」という見せ方にシフトしましょう。

文章を読んでもらうために重要な3つのこと

1. 読み手にとって「自分事」になる感情や情報を取り上げる

感情は人に紐づくもので、「誰」がその感情を発しているかで、その感情のニュアンスは変わってきます。
たとえば、婚活体験記ひとつとっても「アラサー女子目線」なのか「20台前半の女の子」なのかで共感を得る読者も異なります。
「話者を明らかにすること」は、狙ったターゲットに狙った共感を起こす手助けになります。

2. 思わず読み進めたくなるような「適度な興奮」を提供する

適切な感情表現を使って読み手の興奮を誘いましょう。
また、ネットで読む文章であることも意識して、
改行や空白の入れ方を工夫して、「リズム」を作りましょう。

3. 読み手の脳の負担を減らす

伝えたいことがきちんと伝わるよう、「見やすさ」や「わかりやすさ」にこだわりましょう。
SEOに強いコンテンツで必要なのは“ユーティリティ要素”を意識することです。
そのために以下のポイントに注意してコンテンツを作りましょう。

見やすさ

* 記事の更新日を記載する(情報を求める人の多くは新しい情報を求めるので、記事の内容が新しい情報であることを明示しましょう。)
* 記事に書かれている内容をファーストビュー(冒頭文)で、簡潔に要約する(Webで記事を読む人たちは、その記事に自分がほしい情報があるかどうかがわからないとすぐに離脱します。その記事に何が書かれているのかを冒頭でわかりやすく伝えましょう)
* 記事にどんな情報が書かれているかがわかるように、「ページ内リンク」としての「目次」を設置する(情報量が多い記事の場合、「どこに何が書かれているのか?」がわからないとユーティリティ要素を担保しにくい。そのため、リンク付きの「目次」を使い、記事で扱う主要な情報を伝え、読み手が求める情報にすぐ移動できるようにする)

わかりやすさ

わかりやすい文章とは、読み手にとって「なぜ?」という疑問が残らない文章。
相手にとっての「なぜ?」を消化するために、書き手は読み手に対して、適切な「論理」を与えましょう。

論理とは、「物事の法則的なつながり」です。
読み手によって既知の事柄は異なってくるので、読み手の知識レベルを想定した論理の構築が不可欠です。

バズらせるための戦略を立てよう

共感層の巻き込み

共感させたい対象が誰で、どんな感情を共感させたいかの戦略を持ってコンテンツを作りましょう。

世の中で起きているトレンド、炎上ニュースなどは、

読み手の感情に強い共感を起こし、ソーシャルメディアの拡散につながり、それが「バズ」と呼ばれる。

「客観性」の担保

作りたてのサイトでは、既存のメディアに比べて信用が紐づいていません。

信用が「個」に紐づいていない状態なら、「数」で担保することを考えましょう。

たとえば、「みんなが言っていた」、「有名なあの人が言っていた」という情報は信憑性が上がるでしょう。

コミュニケーションにつながる演出

たとえ話や面白いフレーズは、記事の内容如何を問わず、誰かとコミュニケーションする際のネタとしてソーシャルメディアに投稿されやすいです。

また、読者が心置きなくツッコめるように、「メタ的な視点誘導」も意識するとよいです。
「今回の記事を読んで、あなたはどう思われますか?」という形で、結論を読者に委ねることで、
読者が自分の意見を発言したくなるよう導いたり、
自分の存在を小さく見せることで、読者に「上から目線」をもたせて読者にツッコミをいれさせたり。


2016年12月9日金曜日

【講演メモ】第5回京商インバウンド対策企業ミーティング(村山慶介氏 株式会社やまとごころ 代表取締役)

第5回京商インバウンド対策企業ミーティング

最新動向から見るインバウンドのマーケットの動きから、
「モノからコトへ」外国人旅行者のニーズに対応するための戦略について考えます。

講演 村山慶介氏(株式会社やまとごころ 代表取締役)

旅行博での話

ジャカルタ旅行博にて

海外旅行博に出かけた時の話。
  • 観光のPRだけでなくガンガン物販していた
  • 日本企業が多々出展。
  • 着物を着て写真を撮るようなイベントを東京都が実施。(人気)
  • インドネシアからの訪日旅行は価格が高いのが現状(でも売れている)
北海道は台湾中国の観光客がほとんど。2割3割減ってきている。

台湾旅行博にて

神社が出展していた(東京大神宮)
旅行博に出てダイレクトに消費者とコミュニケーション

旅行博の意味合いの変遷

過去は旅行会社にチケットを預けておけば売ってくれた。
個々最近は売ってくれずに全部はけない。
団体から個人にシフトしてきているので、ダイレクトに消費者と接点を持たなければならなくなった。

ビジット・ジャパン, 日本ならではの体験

外国人の体験ツアーについて

欧米の方々(富裕層)に人気な体験は「相撲稽古みてちゃんこを食べる」

アニメとのコラボ(聖地巡礼)

日本のアニメとコラボした聖地巡礼
ベトナムでどら焼きが売れている
インドネシア人のスキな日本の食べ物 => 鮨天ぷらうどんどらやき
ドラえもんのおかげで人気のよう
普通に過ごしていても、海外の目線がないからわからない。
現地の方々の目線を理解すること が大事。

マーケットの動き

日本の旅行収支の推移
人口減少と国内市場の限界

インバウンド市場の魅力

  • プラスオンの市場
  • しがらみ、既得権益がない
  • 狙う市場や切り口次第で No.1 を目指せる

テーマを絞れば絞るほどそこは空き地

事例として「ひたち海浜公園」が挙げられた。
1枚の写真1枚がWeb 上で拡散され、あっという間に有名になった。
1年間で観光客数 9.3倍に伸びた。



外国人観光客からみた日本の観光スポットといえば、「ゴールデンルートとひたち海浜公園」

爆買いは終わったのか?

中国人観光客の消費単価は年々下がってきている。
化粧品日用品に関しては下がっていないが。
昨今の円安のおかげで売上が落ち込んでいた高単価な商品はもどってきた感はある。
一人あたり消費額は減少しているものの、他の国よりも依然として中国人観光客は高い購買力があるので無視できないマーケット。
日本でしか買えないもの、日本で買う付加価値の創出が鍵。

世界の観光客数と成長予測

インバウンドに起きている変化。
「バブルではない、トレンド」 中長期的視点でインバウンドを捉えるべき。

インバウンドに起きている変化は?

団体から個人へ

団体観光を利用する中国人は 2013年6割、2016年4割と減少傾向。

狙うターゲットを絞る

趣味層、ムスリム、中級層、富裕層、ビジネス層、家族層、etc...
外国人観光客と行っても一網打尽はない。
ニーズの多様性を捉えてうまくマッチングしていく必要がある

都市部から地方へ

日本地図をおいて、行きたいところ、行ったところにシールを貼ってもらう調査をした
=> 「リピーターの行動範囲はさらに地方へ」

モノからコトへ

娯楽サービスについての消費は全体の 1% 程度。
消費の多くを占めるのはモノ。
コト体験はあくまでフック。「コト体験 + モノ」が重要。

キーワードは「ローカル」

集客するのに金も時間も掛かる。
プラットフォーム「Voyagin, viator」とかに載せたりしてうまく使う。

(例)岐阜羽島の刀鍛冶

1日44000円、1組のみ。大満足の口コミ。

訪日観光3つの価値

  • 日本人の気質
  • 日本人の作品
  • 日本人の生活

外国人目線でストーリーを考える

  • 甲冑はどんなのが人気?
    • NHKで放送中の真田幸村ではなく、「ダースベイダーのモデルである伊達武者」
  • 外国人の頭の中を客観的に覗く
    • Google Trends, 画像検索, Inbound Insight を活用した地域資源の発掘
売っていきたいもの・販売したいコンテンツで検索すると、
外国人がなにを求めているかが客観的なデータから把握できる。

外国人観光客による不満ランキング

  1. 外国語サービスが少ない
  2. 無料WiFi の整備が遅れている
  3. 食券システムがわからない
  4. 飲食店で食べ方を教えてくれない
  5. 現金しか使えない

商業施設における外国人観光客からのクレームは?

「無視されていると感じること」 店員さんは語学に自信がなくて避けがち。。
対策としては、
  • 多言語でポップをする
  • 指差しツールを使う
なと、ツールを活用すれば店員さんも、お客さんも気が楽です。

売り逃しを防ぐ

欧米とアジアのお客さんの買い方に決定的な違いがある。 買い方を捉えた売り方を考えるべき。
  • 欧米人) いろいろとうんちくを語らないといけない
  • アジア人) 高いものから買う傾向にある

話に出てきた気になるサービスまとめ

  • やまとごころ.jp
    • 村山氏が運営している Web サービス
    • 各国の観光・旅行に関するマーケット情報や、インバウンドに関する情報が沢山掲載されている
  • Voyagin
    • 現地ならではのローカル・かつユニークなご当地ツアーをカンタンに検索できる旅行体験のフリーマーケット
  • Viator
    • Voyagin と同様に旅行体験のフリマ的なアプリ?
  • Google Trends
    • もはやいわずもがな。人の検索履歴から、どんなことに関心があるのか・どんなものと関連が深いのかがわかるサービス
  • Inbound Insight
    • これは知らなかった。
    • 訪日外国人観光行動分析ツール。
    • SNS 上でのツイート・投稿を収集して、いつどこでどんな内容が発信されたかを検索可能にしているサービス。
    • 無料でもある程度使えるっぽいけどあまり詳細はわからない。


2016年11月13日日曜日

【桂川】肉汁ブッシャー!手づくりハンバーグの店とくら 桂本店

京都界隈で有名な手作りハンバーグの超人気店

「手づくりハンバーグの店 とくら 桂本店」



箸を少し入れるだけで溢れ出てくるとウワサの肉汁。
この目に焼き付けてきましたのでまとめておきます。

日曜のお昼ごろ伺いましたが、
人気店ということもあって混み合っておりました。。
でも、わりと店員さんの手際の良さのおかげか、
お客さんの回転率が良くそんなに待たずに入れました。



店内はオープンキッチンで、
対面のカウンター席が8人くらいと、テーブル席が全部で20席ほどあります。  

メニューはハンバーグ中心で、ソースがいろいろと選べる様子。

私はスタンダードな
「オリジナルハンバーグ 300g (900円) + 洋風セットのスープ・サラダ・ご飯 (450円)」
を注文しました。

ハンバーグを焼く際は、ヘラで押さえつけたりはせず、
じっくりと蓋をして焼き上げている感じ。  

焼き上がりはふっくらと丸く膨らんでいて、
肉汁が中に閉じ込められてとてもジューシーな仕上がり。

記念にウワサの肉汁がぷっくりとしたハンバーグから溢れ出す様を動画に収めました。  
お箸を入れた瞬間に溢れ出してとまらない肉汁。  



程よい酸味の効いた特製ソースとの相性は抜群で、
とってもジューシーなハンバーグで、至福のひと時でした。
リピート必至です。